ハンドボール日本代表キャプテン 土井レミイ杏利選手と契約

ハンドボール日本代表キャプテン 土井レミイ杏利選手と契約

ジークスタースポーツエンターテインメント株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:大賀智也)が運営・マネジメントする日本ハンドボールリーグ(以下JHL)所属チームジークスター東京は土井レミイ杏利選手と契約合意に至りましたのでご報告いたします。
土井選手は、2013年~19年の6シーズンを世界のハンドボールリーグの最高峰であるフランスプロリーグでプレーし、17年にはフランスのオールスターゲームに日本人選手として初めて出場を果たしました。日本代表では19年5月よりキャプテンに就任し、東京オリンピックに向けてチームの精神的支柱となっています。またショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」では230万人を超えるフォロワーを持つ「レミたん」として積極的に動画を公開し、ハンドボールの認知度向上にも力を入れています。
土井選手はオリンピック開催都市・東京を拠点とするジークスター東京でプレーすることで、より多くの人々に競技の魅力を発信できると考え、このたびの移籍を決意しました。
ジークスター東京はクラブのミッションとして掲げる「ハンドボールを人々が熱狂する新しいアリーナスポーツへと進化させる」ために土井選手とともに様々なことにチャレンジしていきます。


土井 レミイ 杏利 (どい れみい あんり)

プロフィール
背番号:14
ポジション:LW(左サイド)
身長・体重:180cm・78kg
生年月日:1989年9月28日(31才)
出身地:千葉県
経歴:日吉台小→富里北中→浦和学院高→日本体育大→シャンベリSMBH(仏)→シャルトルMHB28(仏)→大崎電気
代表歴:アジア選手権出場 2016年、18年、20年
    世界選手権出場 2017年、19年、21年

コメント
このたびジークスター東京でお世話になることになりました。このチームの一員として戦えることを大変嬉しく思います。
移籍先としてジークスター東京を選択した理由はふたつあります。
ひとつは「ハンドボール界のパイオニアになる」というジークスター東京の信念に惹かれたからです。二年前に帰国した際にこれからは日本のハンドボール界の未来を明るくしていくことに本気で取り組んでいくと決意した私にとって、ジークスター東京の「常に新しいことに挑戦していく」という姿勢はハンドボール界の発展において必要不可欠であり、私の信念とも重なると感じました。
もうひとつは昨シーズンの戦いぶりから「日本一を獲る!」というチームの強い意志を感じ、日本リーグ参入間もないチームで力を発揮し仲間とともに頂点に立ちたいと思ったからです。
ジークスター東京の一員として日本一を目指しながらハンドボール界を盛り上げていけるよう全力で努めていきますので、どうか変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。
皆様と試合会場で直接お会いできる日を心待ちにしております。