高校3年生ハンドボーラーと大学スカウト関係者をマッチングする1DAYイベント 「HANDBALL FUTURE TRYOUT 2020」を8月10日に初開催

ジークスタースポーツエンターテインメント株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:大賀智也)が運営・マネジメントする日本ハンドボールリーグ所属チーム『ジークスター東京』は、高校3年生ハンドボーラーが、複数の大学スカウト関係者に自身をアピールする場となる「HANDBALL FUTURE TRYOUT 2020」(以下、FUTURE TRYOUT)を8月10日(月/祝)に初開催しました。

<FUTURE TRYOUTの概要>
ジークスター東京は、「#スポーツを止めるな2020」「#ハンドボールを止めるな2020」というSNS上での活動に感銘を受け、新型コロナウイルス感染症の影響でインターハイが中止になり大学関係者へのアピールの場を失ってしまった高校3年生のハンドボーラーに将来を切り開くための機会と、大学スカウト関係者に新たな人材発掘の場を提供するべく、今回のFUTURE TRYOUTを企画・実施いたしました。
当日は、各地より19人の高校3年生ハンドボーラーが集まり、関東学生連盟に所属する13校の大学関係者の前で、全員が白熱したプレーを通じて自身を最大限にアピールしました。
FUTURE TRYOUTでは、ジークスター東京に所属する日本代表候補の信太・東長濱・甲斐の3選手をはじめジークスター東京の選手たちが高校3年生ハンドボーラーに直接アドバイスをしました。
また、当日会場に来ることができなかった男女数名の高校3年生ハンドボーラーには、自身のプレー映像を送付してもらい、ジークスター東京が複数の大学に確実に届けることで彼らの未来の可能性を広げるためのサポートを行いました。

<参加者のコメント>
●トライアウト参加者(高校3年生)
今年は新型コロナウイルスによって、関東大会やインターハイがなくなってしまい、最後までやりきった感じがしなかったのですが、今回のトライアウトのおかげでやりきることができました。レベルの高い選手たちと一緒にプレーができて、楽しい時間となりました。

自分たちが大学でハンドボールをする道を迷っている中、このような会を開いていただき、ありがとうございました。自分が憧れていた甲斐選手と会えたことも大変嬉しかったです。

●参加した高校生のご家族
高校3年生にとっては、試合がなくなってしまい、進路に不安がありましたが、こういうチャンスを頂いてとても感謝しております。

大会がなくなった高校3年生のためにこのような機会を与えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
すべてのスタッフの方が運営面で、サポートしていただいた点がありがたかったです。

●大学関係者
素晴らしい試みだなと思います。コロナの影響により、高校生はもちろん大学関係者とも接する機会が少なくなる中で、このような場を用意するのは時勢としても簡単ではなく、大変なことも数多くあったと思いますが、このような場をつくっていただき、大変ありがたいです。

こうした企画を行おうという理念に賛同いたしました。高校生に貴重な機会となり、また有意義な機会になったと感じました。高校生の間での交流も生まれ、トライアウトの後半では、かなり盛り上がりも生まれていました。

■イベント概要

イベント名「HANDBALL FUTURE TRYOUT 2020」
開催日2020年8月10日(月祝)
開催時間13時~16時
会 場墨田区総合体育館・サブアリーナ
東京都墨田区錦糸4丁目15−1(錦糸公園内)
「JR錦糸町駅」北口より徒歩約3分、「東京メトロ錦糸町駅」4番出口より徒歩約2分
主 催
ジークスタースポーツエンターテインメント株式会社/ジークスター東京
共 催フューチャー株式会社墨田区ハンドボール協会
後 援ANAセールス株式会社ライブリッツ株式会社コードキャンプ株式会社
協 力一般社団法人スポーツを止めるな
サプライヤー株式会社プリンシプルヒュンメル

■参加者、参加大学

参加者全国の高校男子ハンドボール部の3年生男子19名
参加大学関東近郊の大学13校
※開智国際大学、国士舘大学、上武大学、大東文化大学 、筑波大学、‬東海大学‬ ‪‪‬、日本大学、明星大学‬など