オンラインプログラミング学習講座をCodeCampと共同開発、土井レミイ杏利選手らが受講

~ アスリートの多様なセカンドキャリア・マルチキャリアを積極的に支援 ~

ジークスタースポーツエンターテインメント株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:大賀智也)が運営・マネジメントする日本ハンドボールリーグ(JHL)所属のジークスター東京は、オンラインプログラミングスクールCodeCampを運営するコードキャンプ株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO 堀内 亮平)と共同で、選手に向けたオンラインのプログラミング学習講座「ZEEKSTAR TOKYO×CodeCamp」を開発しました。2021年9月より一期生として土井レミイ杏利をはじめとする選手三名、スタッフ一名が受講を始めています。JHLの21-22シーズンを過ごしながら学習を進め、シーズン終了となる22年3月に共有会を行い、成果の確認と講座の評価をし、二期へと繋げていく予定です。

アスリートが競技を引退した後に思うようなキャリアを歩めない、いわゆるセカンドキャリア問題はスポーツ界全体の大きな課題です。ジークスター東京は、現役中から選手自身にセカンドキャリアについて考えてもらい、望む道を進む支援をしたいと考えています。今回はその解決策のひとつとして当講座を開発しました。

今後、講座の内容を他チームや他競技と連携してより充実させ、所属選手はもちろん、さまざまなアスリートに幅広いセカンドキャリア、マルチキャリアを得る機会を積極的に提供していきます。

一期生:左から東長濱秀希選手、橋本明雄選手、土井レミイ杏利選手、髙宮悠子マネージャー

■講座概要
期間:平日毎日二時間の自習と週二回のマンツーマンオンラインレッスンを約半年間 ※受講者の学習速度に柔軟に応じて調整
構成:共通のステップ1「プログラミング入門」のあと学習カウンセラーとの面談を経て、「ITコンサルタント力養成講座」「競技データ分析入門講座」「Webクリエーター養成講座」など目的別のステップ2を受講。修了後に「成果共有会」を実施。

■一期生コメント
・土井レミイ杏利
ITは今後もずっと世界に必要な分野なので学んでみたいという気持ちが以前からありました。今回いい機会をいただいたと感じています。空いた時間を利用して基礎からしっかりと学び、将来的にはスポーツをしながらでもプログラミングの分野で自立できるくらいのレベルまで精進したいと思います。

・橋本明雄
今後の人生を考えていくうえで選択肢が広がるのではないかと思い、取り組むことにしました。
初めてのことばかりで難しく感じる点も多く、まだ時間もかかってしまいますが、新しいことに挑戦するのはとても楽しくて刺激的です!リーグ中なので時間を有効活用しながら知識を身につけていきたいと思っています。

・東長濱秀希
現役のハンドボール選手である間から、これからのキャリアを考えるためにいろいろな経験ができるチャンスだと思い、ありがたく受講しています。今後について、ともに考え支援してくれるチームと、今回協力してくれるスポンサーでもあるコードキャンプさんに感謝し、きちんとした成果を挙げて、あとに続く後輩たちにもいい道を拓けるようがんばりたいと思います。

・髙宮悠子
「いままでにハンドボール界にはなかった新しいことを」というジークスター東京らしい取り組みだと実感しています。グループ会社であるコードキャンプ社にご協力いただき、選手が引退したあとのセカンドキャリアまでしっかり寄り添いたいという私たちの思いをひとつの形にできました。選手はぜひ時間をうまく活用し、プレーヤー兼プログラマー、webデザイナー、アナリストという道にチャレンジしてもらいたいと思います。 私も一緒に受講し、公式サイトを自身で更新できるようにがんばります!

■企業での導入実績300社以上、オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」
高品質なオンライン教育CodeCampは多くの企業でエンジニア向けの研修として導入されています。個人の受講生も研修で利用されるカリキュラムと同じレベルの内容を学べるため、修了すれば企業から評価されるスキルを習得できます。選考通過率がわずか約8%*と厳選された講師陣は、技術力と指導力を備えた現役エンジニアです。オンラインのため全国どこからでもプロレベルを目指して学べます。
URL:https://codecamp.jp/
*2021年1月~6月の採用実績

■お問い合せ先
当リリースの内容やプログラミング講座、アスリートのキャリア開発などについて、お問い合わせは以下にお願いいたします。
ジークスタースポーツエンターテインメント株式会社
広報担当: 髙宮 悠子(たかみや ゆうこ) Email:info@zeekstar.tokyo